子供にかかる教育費について

日本の大学生の多くは、両親から学費の支援を受けて大学に通うことが多くなっています。自分でお金を稼いで大学に通うということが当たり前のようになっているアメリカとは異なる文化であり、一児の親となる場合には大きな経済的負担を覚悟しなければなりません。

子供が生まれてからは様々な場面で大きなお金がかかるものであり、計画的に養育費を積み立てておかなければ経済的に破綻してしまうことになりかねません。教育にかかる費用だけを考えても、最低限高校まで学費を支払う必要が生じます。

小学校や中学校も私立や国立の学校に通わせようと思うのなら、莫大な費用がかかります。高校についても公立と私立では雲泥の差があり、地域によっては公立高校への進学競争が激しく狭き門となっている場合もあるのが事実です。

さらに、公立か私立かといった点に加え、目指す分野の選び方によっても莫大な学費の差が生じるのが大学です。特に私立の医学系の学部においては学費が段違いであり、少しの準備をしていただけでは到底払っていけません。

子供のことを考えると、「親のお金が足りない」という理由でよりよい大学に入るのを諦めさせるという状況にはなって欲しくはないでしょう。そういうことにならないためにも、子供が生まれる前から計画的に積み立てていくことが重要となります。前準備を徹底することで、子供が自分らしく学びを習得しながら幸せに成長していくことに繋がるのです。

コメントを残す